オールセラミックのプレパレーション&セット

支歯台形成について
  1. 丸みのある角のショルダー(または120°のディープシャンファー)を形成してください。
  2. 鋭角、エッジを作らないで下さい。
  3. 歯牙削除は均一に行ってください。
  4. 遊離エナメルは完全に除去して下さい。

合着について
特別な手順は必要ありませんが、歯台支のシェードをラボに伝える事が必要です。それによって合着の手順が簡単になります。接着材料は、光重合・ジュアルキュアシステムをお使い下さい。
合着の手順
  1. プロビジョナルレストレイションを取り外し、接着面を洗浄、乾燥します。
  2. グリセリンを使って補綴物の適合を確認します。
  3. ラバーダムとリテーなーを歯台支にセットします。
  4. ボンディング材を塗布し、光重合します。
  5. 補綴物の内側をシラン処理します。
  6. レジンセメントを補綴物表面に塗布します。
  7. 補綴物をセットし余分なセメントを除去します。
  8. 光をまんべんなく照射し、セメント材を重合します
  9. ファインダイヤモンド等の研磨具で調整、仕上げをします。
   必ずメーカーの指示に従ってください。 

歯科医院様は勿論、ラボ様からのオールセラミッククラウン製作のご依頼も承っております。
強度の面を考えた場合、オールセラミックを用いた治療が向かない症例もあります。
製作日程・料金等、詳しくは電話にてお問い合わせ下さい。

アイリスデンタルラボ(歯科技工所)
〒123−0863 東京都足立区谷在家3-5-14
TEL 03-5691-9339
代表 矢嶋定雄


TOP   Highlights  Gallery  Schedole  Link